離婚直前の探偵調査報告書

離婚に向けた探偵調査

依頼を出す前の確認事項

探偵へ浮気調査の依頼を出す前に確認しておきたい項目があります。以下にその大まかな内容をまとめてみました。

 

 

夫、妻が浮気をしている可能性がどれだけあるのか?(主観で結構です)
日常生活内での二人の現状と態度の確認。
本当に浮気をしていた場合に、どんな対応を取るのか、離婚を視野に入れた対応なのか?
離婚以外の方法で解決を望んでいるのか?
もしも離婚をした場合には、その後の生活をシュミレートできているか?

 

 

以上の項目が少し考えただけでも浮かんできます。さらに個人、家庭によっては他にも対応しなくてはならない項目が増えてくると思います。それらの項目を上手く解決するための方法を見付ける必要があります。

 

 

パートナーの浮気、不貞行為は許すことが出来ないことです。そんな行為を許していたからお互いの関係が冷え切ってしまった、もしくは何度もパートナーの不倫が続いてしまう原因となってしまっているケースもあります。

 

この場合に、どちらが悪いと判断するよりもお互いの問題について明確に理解して、解明する必要があると感じます。
しかし、そんな冷静な判断をすることは難しく、感情的になってしまうのも人間ですので仕方がないでしょう。

 

探偵へ浮気調査をしてもらうことは、依頼主の心の整理が必要になります。冷静な判断をするために、浮気調査を担当する探偵はカウンセリングや相談をおこなったり、外部の専門家へ応援を頼むところもあります。
探偵は浮気調査に最新の注意と心使いをして、調査に挑んでいます。
その理由としては、探偵が調査業務の中で一番多くの時間を使うのがこの浮気調査であり、一番多い依頼内容でもあるからです。
そのため、全国の探偵事務所では独自の調査料金設定やカウンセリングサービス、アフターケアサービスなどを行い他社との差別化を行っています。

 

全国の探偵事務所の中で、もっとも浮気調査に実績のある探偵へ調査の依頼を出したいと思うのが依頼主の本音です。
このサイトでは離婚までの考えること、そして探偵へ調査依頼をするための準備として実績ある探偵を選ぶポイントについて解説していきます。

ホーム サイトマップ